予算ゼロで始める音痴脱却

音痴を直すにはまず

カラオケというものは随分前から存在していますが、最近テレビ番組でもカラオケを使って得点を競うという類のものを目にする機会が多く、かなり身近なものになりました。
比較的安価で家庭用ゲーム機をカラオケ代わりに出来るなどわざわざカラオケ店に出向かなくても歌えるというのも身近に感じる一つの理由でしょうか。
そうなってくると必然的に歌いたい!という人が増えてくる訳ですが、誰かに聴かれて恥ずかしくないかなど羞恥心がそれを邪魔することも多いです。

その思考に至る一つの原因、それは音痴。
最初から羞恥心を捨て去り純粋に楽しめる方であれば何ら問題はありませんが日本人はシャイな人が多いです。
少しでも自分は音痴かもと思っているのであれば当然人前で歌うことは恥ずかしくなりますよね。

打ち上げや飲み会、合コンなど複数人でカラオケに行く機会も多いことでしょう。
前者はともかく後者の合コンなどではやはり歌が歌えないより上手い方が相手からの印象もプラスになりますからこのカラオケは誰かに聴かせること前提になります。
ここ最近では一人カラオケなるものが出来たりと一人で歌うのも間違いではありませんがどうせ歌うなら誰かに披露したいと思いませんか。
上手い人の歌を隣で聴いているとその人の世界に惹き込まれることがありますよね。
その立場を逆転させて貴方が自分の世界に他人を惹き込んでみようというのです。
難しいことのようにも思えますが相手も同じ人間、不可能など無いのです。