握りやすい取っ手を探そう

楽に料理を進めるために

使いにくい鍋では、料理の効率が悪くなってしまいます。
ですから自分にとって、使いやすい鍋を買うように心がけてください。
そこで、選択する際のポイントは3つです。
まず手頃な大きさであること、次に軽いことを確認しましょう。
最後は、握りやすい取っ手であることです。

他の製品より軽い鍋でも、取っ手が細すぎたり太すぎたりする場合は握りにくく、料理中に不満を抱く恐れがあるので避けてください。
ただ今は、取っ手を交換できる鍋が登場しています。
それなら好みの取っ手に出会えるまでどんどん試せば良いので、取っ手を交換できる鍋を最初に選択しましょう。
すると大きさと軽いことだけ条件を満たせば良いので、簡単に希望通りの鍋が見つかります。

経済的に済ませよう

取っ手が気に入らなかった時、取っ手を交換できない鍋の場合はまた新しい製品を買わなければいけません。
しかし取っ手だけ交換できれば、かなり安い費用で済ませることができます。
買った鍋も無駄にならないので、取っ手を交換できる製品を見つけてください。
交換する際は、きちんと取っ手を装着しましょう。

装着方法が間違っていると、料理している途中で取っ手が外れる危険性があります。
すると鍋を落として周囲が汚れたり、ケガをしたりするかもしれません。
正しい装着方法を理解した上で使ってください。
新しい取っ手を付けたら、軽く鍋を振りましょう。
上下や前後左右に動かしても取っ手が外れなかったら、正確に取り付けられているので、料理に使っても大丈夫です。


このPostをシェアする