予算ゼロで始める音痴脱却

>

自身の世界へ誘う

音痴とそうでない者の違いとは

幾つか違いを挙げることが可能ですが、一番はやはり音程の取り方です。
上手な人は自分の出せる音域を把握していますから低音だろうが高音だろうが外さず歌うことが出来ますが、音域を把握していない人は自分の限界を知らないことで極端に高いところや低いところで外してしまい音痴に聞こえるというもの。

この音痴というものは育った家庭環境によっても左右されると言って過言ではありません。
運動にも慣れがあるのと同じように歌の上手い親の元で育ち、歌に触れる頻度も多ければ当然ながらあまり歌に触れてこなかった者より人前で歌う羞恥心も無ければ上手く音程を取る術を身につけていることでしょう。
羞恥心の無い余裕のある者にはただ歌うだけでなく歌詞毎に感情を表現をするという高度な技術を持ち合わせていることも多い為、余計に上手く感じるのです。

感覚性音痴と運動性音痴、貴方はどっち

音痴には大きく分けて2種類あり、正しい音を認識することが難しい感覚性音痴と音をしっかりと認識出来ているがそれを上手く表現することが難しい運動性音痴があります。

通常であれば歌っている最中に音程を外してしまった場合、やばい、外してしまった!と自覚することが出来ると思いますがこれが出来ないのが前者の感覚性音痴。
つまりこちらのタイプの音痴の方は自覚が無い為、悲しいことに誰かに指摘されるまで自身が音痴であると認識することが出来ません。

一般的な音痴は後者の運動性音痴にあたります。
こちらも音痴なのであまり良いようには捉えられないかもしれませんが自分の発した音が外れていると認識出来ている時点で音を正確に聞き取れていますからあまり深く心配する必要はありません。


この記事をシェアする