予算ゼロで始める音痴脱却

>

テクニックでごまかす

音域外の音程は裏声で

自身の持つ音域以上の声を出そうとすると当然声が出辛くなり、苦しそうな声になったり一定以上の音が取れずに音程を外したりします。

ここで用いるのが裏声。
裏声は輪状甲状筋と閉鎖筋という筋肉を使って出すので早い話がこれらを鍛えるのが裏声をマスターする近道となります。
プロであれば地声と同程度の声量で裏声を出すことが可能ですが、実際やってみると分かる通り、通常であれば地声の半分程度の声量になってしまうでしょう。
それは上記の通り鍛え方の違いです。
ではどうすれば良いか。
簡単です、ひたすら裏声を出せば良いのです。
あまりやりすぎてしまうと喉にダメージを与えてしまうので程々にしなければならない点だけは注意が必要です。

歌の語尾は揺らせ

プロの歌を聴いていると特にそれが分かると思うのですが歌が上手い人はビブラートの使い方が非常に上手いです。
仮に素人であってもビブラート有りと無しでは前者の方が上手く聴こえますよね。

ではビブラートをかけるにはどうしたら良いか。
幾つか方法がありますが横隔膜を揺らすビブラートがより自然なビブラートになるのでお勧めです。

犬になったイメージで小刻みに呼吸をしてみてください。
それを行いながら発声することで声に震えがかかります。
すぐに慣れる人もいればなかなか難しいという人もいると思いますのでこの点だけはひたすら練習。
一度習得してしまえば後は実践あるのみです。

ここまでこれた貴方なら既に羞恥心を捨て去ることなど容易いと思います。
周りと差をつけてあっと言わせてやりましょう。


この記事をシェアする